【たこ焼き茶会 1月7日(火)14時~】

【たこ焼き茶会 1月7日(火)14時~】
座敷にて神戸たこ焼きを召し上がっていただき、新しいお茶室にてお茶一服差し上げます。 所要時間約90分。
ご提供予定時期:2025年1月7日14時から
残り販売数
3
数量選択
¥20,000 20000 JPY (税込)

このリターンについて

  • 【たこ焼き茶会 1月7日(火)14時~】

  • 座敷にて神戸たこ焼きを召し上がっていただき、新しいお茶室にてお茶一服差し上げます。
    所要時間約90分。

  • 神戸の下町にだけ伝わるたこ焼きの食べ方があります。
    私が小学生だった40年前はあちらこちらにありましたが、お店としてはほとんどなくなってしまいました。
  • お家でたこ焼きを食べる時はこの食べ方で召し上がられる家庭はまだたくさんあるようです。
    いつの間にか「神戸たこ焼き」という名前がついてケンミンショーでも紹介されていたこともありましたね。
  • なんとか地元の食文化を残そうと地域の夏まつりなどで焼いたりしておりましたが、今ではお茶席にも取り入れております。
    病みつきになって「あのたこ焼き食べたい!」と、お茶事に来られる方もいらっしゃいます。
  • こちらの返礼はお一人ずつの申込となっておりますが、よろしければお友だちもお誘いいただき神戸たこ焼きをお試しくださいませ。
    たこ焼きのあとはお茶室にて一服差し上げます。
  •  日時:1月7日(火) 14時〜15時半
     場所:光明寺
        神戸市兵庫区中道通9-1-17
        📞078-575-3910
     集合:15分前に現地にお越しください。

    交通機関:JR神戸線「兵庫駅」から徒歩10分
         神戸高速鉄道「大開駅」から徒歩5分
         神戸市営地下鉄「上沢駅」から徒歩4分

    ※お茶席にも必要なものはこちらでも用意しておりますのでお気軽にお越しくださいませ。
    ※座敷にてたこ焼きを差し上げ、お庭の新しいお茶室にて一服差し上げます(所要時間約90分)。

このプロジェクトの他のリターン

亡き友のお寺の茶室を移築し、茶の湯を通じて仏教や日本の文化に親しむ拠点をつくりたい

 3年前に亡くなった友のお寺から、お茶室の移築の話をいただきました。お茶室の移築は、私がかねて取り組んでまいりました、茶の湯を通じて仏教に親しんでいただく活動にピッタリ合ったものです。重ねて来年1月17日は、阪神淡路大震災から30年を迎えます。家屋が倒壊し、庭もなくなってしまいましたが、少しずつ復興し、残された空き地はあと一つ。この場所にお茶室を移築し、震災復興にひと段落をつけるとともに、さらなる活動の拠点にしたいと願っています。