【陶片煎餅3枚組(皮鯨天目形 ・枇杷色無地 ・花唐草文)】

【陶片煎餅3枚組(皮鯨天目形 ・枇杷色無地 ・花唐草文)】
拙蔵の古唐津茶碗の絵柄(皮鯨天目形 ・枇杷色無地 ・花唐草文)を唐津の「お菓子の蔵 鶴丸」さんに特注で作っていただきました。
ご提供予定時期:2024年11月ごろ
残り販売数
30
数量選択
¥8,000 8000 JPY (税込/送料込)

このリターンについて

  • 【陶片煎餅3枚組(皮鯨天目形 ・枇杷色無地 ・花唐草文)】

  • 拙蔵の古唐津茶碗の絵柄を唐津の「お菓子の蔵 鶴丸」さんに特注でお作りいただきました。
  • この陶片煎餅は、唐津焼の陶芸家、14代中里太郎右衛門先生と鶴丸さんのコラボで誕生したお菓子です。
  • 桃山時代の皮鯨天目形茶碗を写して陶片煎餅を作っていただきました。
  • 桃山時代の枇杷色の無地唐津茶碗を写していただきました。偶然に二重に掛かった釉薬が白く発色しています。
  • 桃山時代に優品を焼いた道園窯で作られたと考えられる花唐草文茶碗を写していただきました。
  • ※コチラの返礼品には写真のお茶碗は付いておりません。

  • 内容

  • ・陶片煎餅3枚組
       ・皮鯨天目形
       ・枇杷色無地
       ・花唐草文
    ・陶片煎餅のサイズ
      縦約7センチ 横約6センチ
    ・お礼のお手紙をお送りいたします。

    ※「お菓子の蔵 鶴丸」さんの手作りですので、写真のものと絵柄に差がございます。

      

このプロジェクトの他のリターン

亡き友のお寺の茶室を移築し、茶の湯を通じて仏教や日本の文化に親しむ拠点をつくりたい

 3年前に亡くなった友のお寺から、お茶室の移築の話をいただきました。お茶室の移築は、私がかねて取り組んでまいりました、茶の湯を通じて仏教に親しんでいただく活動にピッタリ合ったものです。重ねて来年1月17日は、阪神淡路大震災から30年を迎えます。家屋が倒壊し、庭もなくなってしまいましたが、少しずつ復興し、残された空き地はあと一つ。この場所にお茶室を移築し、震災復興にひと段落をつけるとともに、さらなる活動の拠点にしたいと願っています。