杭迫柏樹 揮毫の飾り扇子【初心忘るべからず】

杭迫柏樹 揮毫の飾り扇子【初心忘るべからず】
日本を代表する書道家、杭迫柏樹先生揮毫の飾り扇子です。杭迫先生は古典の日推進委員会発足当時からの理解者として、磨き抜かれた言葉の書をご提供いただきました一点ものです。先生の筆による言葉が心に染み込んできます。
ご提供予定時期:2024年9月中
残り販売数
1
数量選択
¥100,000 100000 JPY (税込/送料込)

このリターンについて

  • 杭迫柏樹 揮毫の飾り扇子【初心忘るべからず】

  •  日本を代表する書道家、日本書芸院名誉顧問の杭迫柏樹先生揮毫の飾り扇子です。

     杭迫先生は「古典の日推進よびかけ人」の故・芳賀徹東大名誉教授と深い親交があり、古典文学に親しむ皆さんへ、今、先生が伝えたい言葉を書で揮毫していただきました。
  •  壁に飾れる扇子掛けにも対応した、扇子立てが付いています。すぐにインテリアとして置いたり、壁に飾ることができます。
  • 扇子のサイズ

このプロジェクトの他のリターン

『源氏物語』や『枕草子』『徒然草』-。古典文学の朗読に挑戦し、夢の実現を目指す中高生を応援したい

【寄付型】古典文学に特化した「朗読コンテスト」を毎年開催しています。一般部門と中学・高校生部門があり、これまで中高生部門は無料で実施してきました。しかし昨今の事情により、無料での継続が厳しくなってきています。中高生の参加者の多くは放送部員で、将来はアナウンサーや声優への夢を描く生徒も少なくありません。夢を追う生徒たちの背中を押せるコンテストの継続に向けて、ご支援をお願いいたします。