【特別体験】11月23日  秋 (紅葉の季節) の限定特別拝観と法話

【特別体験】11月23日  秋 (紅葉の季節) の限定特別拝観と法話
興聖寺には沢山のモミジ・カエデの樹があり秋には寺庭の紅葉が大変美しいです。この季節に合わせた限定特別拝観です。拝観のあとは住職の法話を聴いていただきます。ご支援いただいた方のお名前は芳名録にお一人ずつ心を込め筆書します。この芳名録は、臨済宗興聖寺 経蔵内に一切経とともに納めさせていただきます。
ご提供予定時期:2022年11月23日(水祝)
残り販売数
19
数量選択
¥30,000 30000 JPY (税込)

このリターンについて

  • 【特別体験】11月23日(水) 秋 (紅葉の季節) の限定特別拝観と法話

  • 興聖寺は通常一般拝観を行っておりませんが、令和4年1月8日(土)~ 3月18日(金)は「京の冬の旅」で40年ぶりに公開いたしました。この度はクラウドファンディングを通じて初めて秋の特別拝観を行います。
  • 秋(紅葉の季節)の限定特別拝観と法話

  • 興聖寺には沢山のモミジ・カエデの樹があり秋には寺庭の紅葉が大変美しいです。
    この季節に合わせた限定特別拝観です。拝観のあとは住職の法話を聴いていただきます。
    【実施日時】2022年11月23日(水祝)

    ※ご支援いただきました方へTHE KYOTOクラウドファンディングにご登録いただいたメールアドレスへ改めて実施日時確認のご連絡を差し上げます。
    ※ 緊急事態宣言発令や、自然災害などの場合は中止または延期にする可能性が御座います。予めご了承ください。雨天の場合は決行します。
  • 芳名録にお名前記載

  • ご支援いただいた方のお名前は芳名録にお一人ずつ心を込め筆書します。

  • この芳名録は、臨済宗興聖寺 経蔵内に一切経とともに納めさせていただきます。

このプロジェクトの他のリターン

興聖寺の経箱を修復。平安時代から受け継ぐ、一切経5294巻を後世に伝えるために

 興聖寺は、5294巻もの経典を集成した一切経を保持しています。多くが平安時代に書写され、約1000年にわたり、ほぼ完全な形で収蔵している寺院は、ほかにありません。専門家の調査では重要文化財級とされていますが、「お経はお寺にあって人々に寄り添って使われてこそ活きるもの」だと考え、補助金等は受けずに守り続けてきました。このプロジェクトでは経箱の修繕を行い、合わせて虫食い等で傷んだお経の修復を進めていきます。将来的には欠本となっている約70巻を写経し、完全な一切経とすることを目指します。