【9月16日午後1時】オルガンコンサート&京都復活教会見学

【9月16日午後1時】オルガンコンサート&京都復活教会見学
オルガニスト中村祐子さんによるオルガン・コンサート。リードオルガンの優しい音色が礼拝堂に響き渡ります。とても音の響きがいい礼拝堂でゆったりとした時間を過ごしてください。コンサートの後、教会を見学していただけます。
ご提供予定時期:2024年9月16日午後1時
残り販売数
38
数量選択
¥30,000 30000 JPY (税込)

このリターンについて

  • オルガニスト中村祐子さんによるオルガンコンサート

  • オルガニスト中村祐子さんによるオルガン・コンサート。リードオルガンの優しい音色が礼拝堂に響き渡ります。とても音の響きがいい礼拝堂でゆったりとした時間を過ごしてください。コンサートの後、教会を見学していただけます。

    ご支援いただいた方のお名前は芳名録に記して教会内に納めさせていただきます。
  • 日時:9月16日午後1時から 2時間程度 
    集合場所:京都復活教会(京都市北区紫野西御所田町63)
    ※1か月前頃に案内メールをお送りします。
  • 聖歌・讃美歌のために作られた復活教会のオルガン

  • 教会では現在パイプオルガンとリードオルガンを主に用いています。パイプオルガンはJeremy Adams氏が制作されたもので1994年に礼拝堂に設置。リードオルガンは1886年製のESTEY Organn model140(2019年に修復)で138年前のアメリカのオルガンです。チャペルスタイルといって教会に置くために特別に作られており、後ろ姿も大変美しいスタイルです。音色を変化するストップも、聖歌・讃美歌など教会で歌う曲が美しく響くよう、一般のオルガンについているものとは違う音色がついています。
  • 中村祐子さん(オルガン奏者)

  • キリスト教の牧師の家庭に生まれ、6歳より教会オルガニストだった山村直子氏にピアノ教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1984年国立音楽大学教育音楽科卒業。在学中からパイプオルガンを学ぶ。結婚後、夫の転勤で渡英。
    1991~1996年までジョン・ウエッバー氏に師事し、Associated Board検定試験(パイプオルガン)最終級までを取得。教会での礼拝奏楽と、教会を越えた場で演奏楽器としてのリードオルガンの魅力を広く発信し現在に至る。2023年ドイツにてハルモニウムのマスタークラス受講。復活教会、幼稚園で祈りの折に触れ演奏しています。

このプロジェクトの他のリターン

祈りの場のシンボル、ヴォーリズ建築の鐘楼「平和塔」を修復し、次世代に伝えたい

 私たち京都復活教会の礼拝堂は、1936年に完成したウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築です。京都市北区の北大路堀川の角に建ち、通りから見える鐘楼はランドマークにもなってきました。しかし、築約90年を経て老朽化が激しく、大地震などが発生すれば倒壊の危機もあります。鐘楼の修繕が急がれます。皆さまのご支援をお願いいたします。