行き場を失った粽を全国へ!
疫病退散の祈りをこめた祇園祭・厄除け粽お届けプロジェクト

このプロジェクトは2020/07/31に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディングプロジェクト:行き場を失った粽を全国へ!疫病退散の祈りをこめた祇園祭・厄除け粽お届けプロジェクト
Success
  • stars集まっている金額
    ¥3,709,000
    (目標 ¥1,000,000)
  • flag目標達成率
    370%
  • local_offer購入数
    924
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
 疫病退散の願いを込めた12万本の粽を全国の皆様にお届けしたい-。 祇園祭の「厄除け粽(やくよけちまき)」は、本来なら祭りに足をお運びいただいた方々に授与させていただくべきものです。しかし、新型コロナウイルスの感染防止のため令和2年、山鉾巡行と宵山行事の多くは中止となりました。粽を多くの方にお届けし、ご支援いただいた費用で祇園祭の伝統文化を守りたい。その思いから当プロジェクトを実施いたします。
    • 1150年以上続いてきた「祇園祭」。今年は山鉾巡行・宵山行事が中止に

    •  はじめまして。京都のみならず日本全国の皆様から愛され続けてきた祇園祭の山鉾巡行を行っている公益財団法人祇園祭山鉾連合会理事長の木村幾次郎です。

       今年の祇園祭は新型コロナの感染を防ぐため、山鉾巡行と宵山行事の大半を中止としました。

       疫病退散を祈って始まり、1150年以上守り続けてきた祭りが疫病により中止となる事態は、各山鉾町をはじめ祭りを担うすべての人たちにとって極めて無念で悲しく、終生忘れることができない年となるでしょう。
    • 祇園祭とは

    •  昭和54(1979)年、国の重要無形民俗文化財に指定され、平成21(2009)年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されました。世界にも知られる山・鉾・屋台行事の原点という京都祇園祭の山鉾行事は毎年7月に繰り広げられ、100万人を超える人が訪れています。

       祇園祭は遡ること1151年—平安時代初期の869(貞観11)年、京の都に疫病が流行したとき、神泉苑に66本の矛を立てて祇園の神を迎え、洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑に送って厄災の除去を祈ったことに始まります。

       室町時代になると町々の特色ある山鉾が登場し、現在の形になったとされています。応仁の乱(1467~78年)で都は灰燼(かいじん)に帰し、祇園祭も中断しましたが、1500(明応9)年に復活。以後、町衆の努力により山鉾の装飾にも贅を尽くすようになり、近世には度々の火災で多数の山鉾が消失しましたが、その都度、町衆の心意気によって再興し、今日に至っています。
    • 疫病退散の願いを込めた12万本の粽が、 その行き場を失いつつある・・・

    •  みなさんはこのクラウドファンディングのリターンになっている粽をご存知ですか?

       毎年7月10日の前祭(さきまつり)山鉾建てから7月24日の後祭(あとまつり)巡行までの約2週間、疫病退散の願いを込めた粽約20万本を授与してきました。

       この粽は京都市郊外の農家の方々が中心となり、前年から笹を準備し、祭りに奉仕することを誇りに思い、一つ一つ心を込めて手作りしているものです。今年もすでに12万本が完成し、山鉾町や連合会が受け取りましたが、主要行事の中止により例年通り授与することは難しくなってしまったのです。
    • 作り手の思いに応え、伝統を守るために

    •  粽を作る方々の高齢化が進み、技術の継承や後継者確保が課題となっています。

       完成した粽の保存は難しいため、ことし大量の粽が授与されないまま処分されることになれば、作り手の思いに応えることができません。

       私たち祭りを担う者は、厄除け粽の文化と伝統を守り、そして新型コロナの早期収束を願い、クラウドファンディングを通じて全国の皆様に粽を授与することを企画しました。
    • 集まった資金の使い道

    •  このクラウドファンディングによって集まった資金については、粽だけでなく祇園祭全体に関わる伝統文化を守るための費用として使用させていただきます。
    • リターンについて:厄除け粽を飾り、無病息災を願う

    •  厄除け粽とは、⼋坂神社の祭神・牛頭天王(ごずてんのう)=スサノヲノミコトが旅の途中にもてなしてくれた蘇民将来へのお礼として子孫繁栄・疫病退散を約束したことに由来する「蘇⺠将来⼦孫也」と記した護符を付した粽のことです。

       この護符を持つ者は疫病を免れるとされ、粽を⽞関に飾ることで1年間の無病息災を願うものです。

       毎年、祇園祭のときにだけ各山鉾の会所近くで授与されてきましたが、新型コロナの影響でそれも難しくなり、今年に限り、当クラウドファンディングにて全国の皆様にお届けしたいと思います。
    • 令和2年限定・連合会特製粽を3,000円でお届けします

    •  「蘇民将来子孫也」「疫病退散」「令和二年」と記した今年限定の連合会特製粽を3,000円でご指定の場所(日本国内に限ります)に配送させていただきます。

      ※粽は食べられるものではございません。
    • 令和2年の粽の授与について

    •  今年の粽の授与方法は以下の通りとなります。

      ■クラウドファンディングによる授与
      ・当サイトによる授与 
       価格:3,000円~50,000円 期間:6月26日~7月31日
      ・Makuakeサイトによる授与 
       価格:5,000円~100,000円 期間:6月3日~7月27日 ※寄付金控除対象

      ■京都新聞「祇園祭文化支援キャンペーン」による授与
      ・京都新聞が紙面を通じて募集(ハガキおよびFAXで受け付け)し、粽を授与するもの
       価格:3,000円 期間:6月26日~7月31日

      ■山鉾町での授与
      ・一部の山鉾町は7月に会所付近で粽の授与を行う予定です。新型コロナの感染状況によって変更の可能性があります。
    • 考えられるリスクとチャレンジ

    •  コロナによる影響でリターンの発送などが遅れる可能性がございます。
      粽の作り手の思いを無駄にしないこと、そのためにクラウドファンディングを活用して会所に直接お越しいただけない方にも粽を授与させていただける機会をつくることが、私たちのチャレンジです。
    • 公益財団法人祇園祭山鉾連合のご紹介

    •  その昔、祇園祭に山鉾を出す各町内の人々は、山鉾の自主性や独創性を競い合いました。さらには、山鉾の周囲に長刀や槍をもって警護したという古い絵図が残っていますように、巡行では我先にと順番を争って、常にもめ事を起こしておりました。 祇園祭山鉾行事の長い歴史の中で、中世から近世においてはこの行事が、時の権力者や 幕府により認可・執行されてきたこともありますので、巡行における順番や、順路などについて、各山鉾間で話し合うための、何らかの連絡機関があったものと考えられます。

       明治時代となって京都の近代化が始まり、電話線・電灯線、市電の架線など道路に張り巡らされた障害物により、山鉾巡行は存亡の危機までも懸念する状況となりました。 さらには、交通量や観光客の増加、江戸時代に受けていた種々の援助や補助の打ち切りなどもあり、江戸期以来の旧式で大雑把な連絡組織では、各種の問題に対応することは困難となりました。

       そこで、行政や各種団体との対応、更には大正時代となって復活された種々の補助を受け入れる組織が必要となり、大正12年に任意団体「祇園祭山鉾連合会」が設立されました。 平成4年に財団法人となり、平成24年には公益財団法人となって、現在に至っております。
    • 最後に・・・

    •  このプロジェクトの案内を最後までお読みいただきありがとうございました。

       令和2年、コロナ感染拡大を防止するため、山鉾巡行をはじめとして、山鉾行事の大半を中止するという苦渋の決断をいたしました。疫病退散を願う祭りが、疫病のため執り行えない無念さに耐える日々を過ごしております。

       疫病退散の私どもの思いを日本全国に届けさせていただくため、連合会一同、皆様にご協力をお願い申し上げます。

      公益財団法人祇園祭山鉾連合会 理事長 木村 幾次郎
  • 新着情報

    「THE KYOTO厄除け粽お届けプロジェクト」オリジナル画像ご提供につきまして
    2020/08/16 16:37:51
    THE KYOTO厄除け粽お届プロジェクトのご支援いただきました皆様で
    オリジナル画像のご提供のご案内をメールにて対象者の方に行っております。

    しかしご登録いただいております、メールアドレスがご変更もしくは正しくないため、エラーとして配信できていない方がおいでになられます。

    もし対象者の方で、 オリジンナル画像ダウンロード用のURLご案内が届いておられない方は、お手数ですが、
    yamahokorengoukai@gmail.com
    までご連絡いただけますでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    祇園祭山鉾連合会 クラウドファンディング担当 平井

    プロジェクト終了にあたり
    2020/08/02 16:36:42
     新型コロナウイルス感染拡大防止のため、祇園祭山鉾の宵山行事、山鉾巡行が中止となり、例年のように厄除けの願いを込めた「粽」を授与することが困難となる中、多く皆様から過分なるご支援を頂きまして、誠にありがとう御座いました。山鉾関係者一同深く感謝を致しております。
     今後、コロナウイルス感染が収束し、社会、経済活動の正常化、スポーツや芸術文化活動、各種イベントの開催、そしてこの祇園祭が無事開催できることを願い、皆様とともに精進してまいりますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。
     梅雨が明けいよいよ猛暑の夏が始まりますが、皆様にはご自愛頂き、お過ごし下さいますようお願いし、略儀ながら書面にてご挨拶申し上げます。

    令和二年八月吉日

    公益財団法人祇園祭山鉾連合会

    目標額達成の御礼
    2020/07/03 09:17:41
    令和2年コロナ感染拡大により祇園祭山鉾巡行、宵山行事の多くが中止となります。

    祭を執り行うことができないことが、祇園祭の伝統文化維持にも大きな影響を与えます。

    厄除け粽等の各種授与品の販売が、祇園祭伝統文化維持のための財源となっておりました。
    祭で授与させていただくことが困難な今年、皆様にクラウドファンディングを利用してのご助力をお願い致しましたところ、目標とした百万円に到達することが出来ました。

    ひとえに、皆様方のご理解、ご好意の結晶と、心より感謝申し上げる次第でございます。

    私ども祭を担う者は、皆様のご厚情に報いるため、伝統文化を維持・継承し、後世に正しく伝えるため、心して参る所存でございます。

    なお、クラウドファンディングは、7月31日まで続いております。なにとぞ引き続きのご支援をお願い申し上げます。

    THE KYOTOプロジェクトとマクアケプロジェクトについて
    2020/06/26 17:47:01
    2020年度は、THE KYOTOによるクラウドファンディング、そしてマクアケ社のクラウドファンディング2つのプロジェクトを実施することとしました。

    マクアケ社のプロジェクトは、宵山行事の大半が実施されない今年、粽を含め様々な物が、皆様に授与できなくなり、祭を維持・運営する資金難を防ぐ目的で、支援者の皆様のご寄附をいただくことを主眼として実施しております。

    新たに実施するTHE KYOTOのプロジェクトは、例年祇園祭期間に訪れる皆様に、20万本もの粽を販売させていただいていました。

    鉾・山建、宵山が行なわれないため、皆様が鉾町、山町を訪れることもなく、粽をお売りする機会は、限定されます。THE KYOTOのプロジェクトを通じて、皆様に粽をお配りできればと考え実施することとしました。1本でも多くの粽を皆様にお届けできることを願っております。

    THE KYOTOプロジェクトを開始するにあたり
    2020/06/26 09:06:40
    2020年は、皆様にとっても、そして祇園祭山鉾行事に関わる私たちにとっても記憶、記録に残る年となります。

    1962年以来の山鉾巡行中止、その上宵山行事も自粛となり、いつもの賑わいはありません。

    会所での粽を授与することも限られたものとなります。

    中止を発表した4月20日時点で、毎年お願いしている粽は、既に10万本を超える数が完成しており、これらをどうするかが、各山鉾の保存会、連合会の抱える大きな課題でした。

    祇園祭に奉仕したい一心で粽作りに取り組む作り手の思い。
    疫病退散の粽をできる限り多くの方にお届けしたい我々の思い。

    この2つの思いを込め、粽をとにかく無駄にしたくないという気持から始めたのがこのプロジェクトです。

    少しでも多く、厄除け「粽」を皆様にお届けしたいという私たちに、ご支援頂けましたら幸いです。

  • コメント
    • 渡部章子
      NHKのニュースで拝見しました。本来なら直接しかお受けできないものということで遠く東北の地より応援しております。

プロジェクトオーナーのプロフィール

祇園祭山鉾連合会

祇園祭山鉾連合会

公益財団法人祇園祭山鉾連合会
お問い合わせ
販売商品
【気軽に応援】粽のお届け
¥3,000 (税込/送料込)
残り 9236
詳細を見る
ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
【しっかり応援】粽+お名前掲載
¥4,000 (税込/送料込)
残り 977
詳細を見る
ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
【しっかり応援】粽+お名前掲載+オリジナル画像をデータ送付
¥5,000 (税込/送料込)
残り 971
詳細を見る
ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
思いっきり応援】粽3本+祇園祭オリジナルポストカード3枚+お名前掲載+オリジナル画像送付
¥10,000 (税込/送料込)
残り 252
詳細を見る
ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
【未来に参加する応援】粽5本+2021年祇園祭の有料観覧席(2名様分)ほか
¥50,000 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

  • 「蘇民将来子孫也」「疫病退散」「令和二年」と記した護符を付した厄除け粽を、全国へお届けします。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥3,000
    • 残り
      9236
    ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
  • 「蘇⺠将来⼦孫也」と記した護符を付した厄除け粽を、全国へお届けします。 応援いただいた皆様のお名前を、公益財団法人祇園祭山鉾連合会ホームページに掲載させていただきます。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥4,000
    • 残り
      977
    ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
  • 「蘇⺠将来⼦孫也」と記した護符を付した厄除け粽、 応援いただいた皆様のお名前を公益財団法人祇園祭山鉾連合会ホームページに掲載、そして祇園祭のオリジナル画像を送付いたします。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥5,000
    • 残り
      971
    ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
  • ご家族、ご親戚に粽をお渡しできるよう、祇園祭風景を描いたポストカードと粽を3セットご提供いたします。もちろんお名前を連合会ホームページに掲載、祇園祭のオリジナル画像も送付いたします。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥10,000
    • 残り
      252
    ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内
  • 2021年祇園祭前祭巡行の新町御池有料観覧席2枚をご提供いたします。 厄除け粽をご家族、ご親族、関係者にお渡しできるよう5本送付いたします。もちろんお名前を連合会ホームページに掲載、祇園祭のオリジナル画像も送付いたします。
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:プロジェクト終了後1ヶ月以内

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社京都新聞社

    所在地
    604-8577 京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239

    連絡先
    電話:075-241-6185
    メール:info@the.kyoto

    販売責任者
    山内康敬

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。