⑬【オンライン視聴】「沖宮をもっと知る」金剛龍謹×宝生和英×志村昌司トークイベント  ライブ配信&アーカイブ

⑬【オンライン視聴】「沖宮をもっと知る」金剛龍謹×宝生和英×志村昌司トークイベント  ライブ配信&アーカイブ
2021年5月1日(土)18:30〜19:30 THE KYOTOサロンにて行われる金剛龍謹(能楽金剛流若宗家)× 宝生和英(能楽宝生流宗家)× 志村昌司(アトリエシムラ代表)の鼎談を、ライブ配信&アーカイブにてお楽しみいただけます。新作能「沖宮」にまつわるエピソードのほか、能と染織の世界の意外な共通点などをテーマに、「沖宮」の世界をより楽しんでいただくためのアットホームな座談会です。
ご提供予定時期:2021年5月1日~
¥5,000 (税込)
支援終了

このリターンについて

  • 金剛龍謹 × 宝生和英 × 志村昌司によるトークショー

  • 金剛龍謹(能楽金剛流若宗家)× 宝生和英(能楽宝生流宗家)× 志村昌司(アトリエシムラ代表)の鼎談を、ライブ配信&アーカイブにてお楽しみいただけます。

    新作能「沖宮」にまつわるエピソードのほか、能と染織の世界の意外な共通点などをテーマに、「沖宮」の世界をより楽しんでいただくためのアットホームな座談会です。
  • 1.自宅からライブで参加!能と染織からみる「沖宮」

  • 新作能「沖宮」に出演する能楽師2人と、本公演プロデューサーのトークショーをzoomにて同時視聴していただけます。当日会場に来られない方も、ご自宅で3人の刺激的なトークをお楽しみください。

     日時:2021年5月1日(土)18:30〜19:30

    ※クラウドファンディングにてご登録いただいたメールアドレスへ、イベント開催1週間前までに視聴用URLを記載したメールを直接送信させていただきます。メールフィルタの設定をご確認の上、受信できるように設定してください。
    ※支援いただいた方で、メールが届かない場合は、実行委員会メールアドレス(okinomiya2021@ateliershimura.co.jp)までご連絡ください。
  • 2.Vimeoの見逃し配信で、お好きなときに何度でも

  • 当日予定の合わない方も、動画配信サービスVimeoにてトークショーを無期限で視聴していただけます。

     配信開始日時:2021年5月4日(火) 14:00 〜 5月31日(月) 24:00

    ※クラウドファンディングにてご登録いただいたメールアドレスへ、イベント終了後3日以内に視聴用URLを記載したメールを直接送信させていただきます。メールフィルタの設定をご確認の上、受信できるように設定してください。
    ※支援いただいた方で、メールが届かない場合は、実行委員会メールアドレス(okinomiya2021@ateliershimura.co.jp)までご連絡ください。


  • 3. 新作能「沖宮」特製壁紙画像つきサンクスメール

  • 新作能「沖宮」公演実行委員会より、公演終了後、サンクスメールをお送りいたします。また、今回の貴重な舞台写真の「沖宮」ロゴ入り特製壁紙画像(PC、スマホ用)を各3枚プレゼントいたします。

    【リターンに関するお問い合わせ】
    okinomiya2021@ateliershimura.co.jp
  • 金剛龍謹(こんごう たつのり)

  • 1988年、金剛流二十六世宗家金剛永謹の長男として京都に生まれる。幼少より、父・金剛永謹、祖父・二世金剛巌に師事。5歳で仕舞「猩々」にて初舞台。以後「石橋」「鷺」「翁」「乱」「道成寺」「望月」「安宅」など数々の大曲を披く。自らの芸の研鑽を第一に舞台を勤めながら、大学での講義や部活動の指導、各地の学校での巡回公演など学生への普及活動にも取り組む。2012年に発足した自身の演能会「龍門之会」をはじめとして、京都を中心に全国の数多くの公演に出演。同志社大学文学部卒業。京都市立芸術大学非常勤講師。公益財団法人 金剛能楽堂財団理事。
  • 宝生和英(ほうしょう かずふさ)

  • 昭和61年東京生まれ。父、第19世宗家宝生英照に師事。宝生流能楽師佐野萌、今井泰男、三川泉の薫陶を受ける。平成3年 能「西王母」子方にて初舞台。平成20年に宝生流第20代宗家を継承。これまでに「鷺」「乱」「石橋」「道成寺」「安宅」「翁」、一子相伝曲「双調之舞」「延年之舞」「懺法」を披く。伝統的な公演に重きを置く一方、異流競演や復曲なども行う。また、公演活動のほか、マネジメント業務も行う。海外ではイタリア、香港を中心に文化交流事業を手がける。第40回松尾芸能賞新人賞受賞。
  • 志村昌司(しむら しょうじ)

  • 株式会社ATELIER SHIMURA 代表。1972年京都市生まれ。京都大学法学研究科博士課程修了。京都大学助手、英国Warwick大学客員研究員を経て、2013年、祖母・志村ふくみ、母・志村洋子とともに芸術学校・アルスシムラを設立。2016年、染織ブランド・アトリエシムラを設立。2018年、新作能「沖宮」プロデュース。

このプロジェクトの他のリターン

石牟礼道子×志村ふくみ 新作能「沖宮」公演プロジェクト

 世界中が苦しんでいる今だからこそ、作家・石牟礼道子(いしむれ・みちこ)が生命界の復活を願って書き上げた新作能「沖宮」(おきのみや)のメッセージを伝えたいと思います。舞台で使用される能衣裳は、染織家・志村ふくみ、洋子による監修。また、次世代の能楽界を牽引する若き能楽師、金剛流若宗家・金剛龍謹(こんごう・たつのり)と宝生流宗家・宝生和英(ほうしょう・かずふさ)による共演も見どころです。みなさまの温かいご支援をお願いいたします。